質問内容の検索 (入力例:手数料 購入者) よくある質問TOP ご利用ガイド

新法案に対する当社の見解について

2018/12/04

 

チケットストリートをご利用の皆様へ

 

「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律案」が衆議院において可決され、近日中に成立する見込みとなりました。

なお、法案の施行日は「公布から6ヶ月後」となっていますので、2019年の半ばとなる見込みです。

本法案への対応に関して、現時点での当社の見解をお知らせします。

 

■ファンによる個人的なチケットの売買は、価格にかかわらず、法案施行前・施行後のいずれにおいても完全に合法です。引き続きまったく問題なくチケットストリートをご利用いただけます。

 

例)
・良席での参加を目的として、結果として多重当選してしまったチケットの売買
・思いがけず入手できた良席チケットを売却・交換すること
・行けなくなったチケットの売却や、同行者の募集
・当選はしたものの、希望・都合に合わない座席・日程チケットの譲渡
・お気に入りのアーティストが参加をキャンセルしたフェスのチケットを譲ること
・チケット購入後にやむをえず現金化が必要な場合
・海外在住など、プレイガイドやファンクラブでの購入が困難な方
・シーズンチケットや団体購入での余剰・キャンセル分の譲渡

 

正当にチケットを入手したファンが、そのチケットのもつ真の価値に見合った価格でチケットを譲渡できること・入手できることは、新しい法案成立の有無にかかわらず、守られるべき消費者としての正当な権利です。

今後も安心してチケットストリートをご利用ください。

 

■チケットショップ等、正規の古物営業の許可を得ている事業者の売買については、新たな法案の施行後に規制の対象となる可能性があります。

これらのユーザー様への当社の対応については今後検討いたしますが、当面は現在と変わりなくサービスをご利用いただけます。

 

当社は、CtoCによる安全なチケット取引のプラットフォームを提供することで一人でも多くの人がライブ・エンターテインメントの感動を体験できるよう、引き続きサービスの向上に努力してまいります。

 


みなさまの一層のご利用をお待ちしております。